診療内容

消化器疾患

  • 胃・大腸カメラによる内視鏡検査と治療(胃・大腸ガン、ピロリ菌、大腸ポリープなど)男女別の更衣室と前処置室(個室)を完備 ※トイレ付
  • 逆流炎食道炎
  • 胃十二指腸潰瘍、ほか
  • 食道ガン

内視鏡検査について

胃の内視鏡検査

胃の内視鏡検査は、ご希望で「鼻から挿入(経鼻)」または「口から挿入(経口)」を選べます。

経鼻内視鏡のメリット

麻酔薬が比較的少量で体の負担が少ないため、検査中に会話もでき、検査後の運転も可能です。
スコープが細いため、痛みや嘔吐反射を軽減できます。

経鼻内視鏡のデメリット

鼻の疾患がある方はお控えいただく場合があったり、鼻腔が狭い場合は挿入できないこともあります(その場合は経口にて検査を行います)。
鼻の麻酔に少し時間がかかります。

経口内視鏡のメリット

鼻に比べ病変部分をより鮮明に見ることができます。鎮静剤を使用しなければ、検査後の運転も可能です。

経口内視鏡のデメリット

喉の麻酔薬が苦く、副作用で気分が悪くなる場合があります。

経口内視鏡は、ご希望があれば「鎮静剤」を使用した内視鏡検査をお受けいただけます。

鎮静剤のメリット

ボーッといている間に苦痛なく検査を受けられ、嘔吐反射も和らげます。

鎮静剤のデメリット

鎮静剤の副作用がある場合もあり、検査後はリクライニングチェアにてお休みいただき、当日車の運転はお控えいただきます。よって、所要時間がかかります。

大腸の内視鏡検査
大腸は非常に長く曲がりくねっており、胃に比べて薄い壁でできています。また一部では固定されていない腸であるため、大腸への内視鏡挿入は一定以上の技量が要求されます。当院では、経験豊富な医師が最先端の内視鏡技術と検査機器を用い検査を行いますのでご安心ください。
検査前に前処置を行いますが、男女別のお部屋(トイレ付)で個室も完備しておりますので、まわりの患者さんの目を気にする心配はありません。

内科疾患

  • 風邪
  • 生活習慣病(高血圧、高脂血症、
    高尿酸血症、糖尿病など)、ほか

各種予防接種

  • インフルエンザ
  • 肺炎球菌
  • 健康診断・二次検診、ほか